エイジングケア(ホウレイ線)、コディナ(CODINA)のアルガンオイル

コディナ(CODINA)のアルガンオイルの詳細はコチラからどうぞ

↓コディナ(CODINA)のアルガンオイルの詳細はコチラからどうぞ↓


美容オイルの中でも大人気なコディナ(CODINA)のアルガンオイルが愛されるワケ

若返るビタミン」を豊富に含むコディナ(CODINA)のアルガンオイルの特徴:


・自然界の植物が芽を出すための栄養がたっぷり含まれた実や種を搾って採れるオイルなので、皮膚との親和性(相性)がいい植物オイルです。

・アルガンオイルにはオリーブオイルの約2〜3倍の「若返るビタミン」(ビタミンE=トコフェロール)が含まれています。

・他のオイルより活性酸素除去成分が多く含むので乾燥エイジング対策に高い効果が期待できます。

・数年間、一滴の雨が降らなくても枯れないアルガンツリー。何を意味するのかというと高い保湿力生命力をもった植物なのです。強い紫外線浴びたモロッコ女性が美を保てるのはアルガンのおかげです。

オレイン酸リノール酸が、角質から水分の蒸発を防ぎ、肌をふっくらやわらげます。
オレイン酸
・からだの酸化を防ぐ
・皮脂腺から分泌される皮脂の約40%はオレイン酸で構成→皮脂は、汗などの水分と一緒になりお肌の上で皮脂膜を作り、外部の刺激から肌を守る。
リノール酸
・保湿や抗炎症作用
・角質から水分が蒸発するのを防ぐ
・肌をなめらかにし、お肌のバリア機能を高める。
・不飽和脂肪酸なので酸化しやすいという性質があるが、酸化を防ぐ成分(ビタミンEなど)と一緒に使うとより効果が発揮される。

-用語集-
活性酸素とは=「酸化させる力」が非常に強力。
メリット:
・酸化力が強いので殺菌作用が強い
・体内に入り込んだ細菌類を駆除する
・酵素の働きを促進する効果があるので、身体中の細胞は健康を維持できる
デメリット
・体内の活性酸素が増加=身体をサビさせやすくする
・酸化する→細胞の老化が早まる→体内のあらゆる組織が衰える
→お肌のトラブル(シワの増加)
→生活習慣病(息切れしやすくなったり)

酸化=ある物質が酸素と結びつくことです。例えば、鉄がさびたりすること。

不飽和脂肪酸=悪玉コレステロールの抑制や過酸化脂質の発生予防に効果があるといわれており、「健康によい油」といわれている。

↓「若返るビタミン」を多く含むコディナ(CODINA)のアルガンオイルはこちらからどうぞ↓


コディナ(CODINA)アルガンオイルをおススメするワケ

アルガンオイルの原産国モロッコから近いヨーロッパではアロガンオイルはエイジングケアに必須アイテムの1つです。我が家でも薬局で、100%未精製アロガンオイルを購入し、植物油を加え自宅で調合して、オリジナルのアロガンオイルを使っています。

ヨーロッパは空気が乾燥しているので、使用頻度は朝とお風呂上りは絶対に使います。アロガンオイル天然成分でお肌にも良いので特に真冬はかかせません。





自信に満ち溢れた要求度の高いヨーロッパ女性がアロガンオイルを愛用するわけ:
地理的要因
文化的にも地理的にもアロガンオイルの原産国モロッコに近いヨーロッパでは保湿力タップリのこのオイルを簡単に手に入れることができます。

・お肌に過酷な環境
ヨーロッパは冬が長く空気が大変乾燥しています。ヨーロッパの女性はお肌がゴムのように厚いということもありますが、この乾燥の中で生活していると、シワっぽくなるのも納得します。特に女性は小さい頃はお人形さんの様にカワイイのに、歳を取ると一気にシワっぽい顔になります。例えると白雪姫の魔女みたいな老け顔(失礼!言い過ぎました。)の女性が沢山います。アロガンオイルはそんな老化が早いお肌の持ち主の女性達に支持されるだけに、その効果は抜群ということなのでしょう!

効率の良いオイル
アロガンオイルはベタづかず、お肌に直ぐ浸透し、使用感が抜群に良いオイルです。物事に合理性を求めるヨーロッパ人は我慢したり耐えることを嫌がります。このアロガンオイルならば瞬時にお肌に浸透し、一体感を直ぐに感じることができます。手っ取り早く使えるところが、要求度の高いヨーロッパ人女性のニーズに満たすエイジングケア商品なのでしょう。

即効性があり効果抜群
忙しいヨーロッパ女性は、スキンケアに何時間も時間をかけることができません。手間隙かけずにお肌の乾燥防止とエイジングケアを同時にできる一石二鳥なスキンケアだから人気が高いのだと思います。

この様にアロガンオイルには沢山のメリットがあります。お肌の薄いアジア人で特にも乾燥肌で困っている女性には特に効果があると思います。若いうちから毎日のエイジングケアとして生活習慣に取り組むことをおススメします。乾燥肌の私もこの乾燥の激しいヨーロッパで毎日アロガンオイルを愛用しています。



コディナ(CODINA)パリ店

このコディナ(CODINA)というお店はパリの15区にあります。

エッフェル塔の近くにあります。ちなみに、エッフェル塔から車だと2,5kmです。このお店の近くの地下鉄は6番線(Dupleix)か10番線(Avenue Emile zola)の駅です。

日本人が多く住んでいる区にあるので、自分もお店の前を通ったことがあります。フランスのロキシタンの様にオーガニック製品の有名ブランド的な部分は余り感じませんがこじんまりとしたオリジナリティ溢れるアットホームな店構えになっています。


パリのお店では100ml24ユーロで購入できます。(135×24=3240円:15年11月初旬情報)今なら、2本買えば1本おまけでついてくるそうです。

私もお店を訪ねたのですが、商品が売り切れ中で2週間待ちでした。アロガンオイルが置いてある場所のみ空でした。なんでも、日本人が来て大量に買っていってしまうからだそうです。やはり大人気なんですね!



この前(16年5月初旬情報)、フラッとお店を覗いてみようと思い、2回ほど訪ねたのですが(16年3月と5月)ずっと改装工事をしていてなかなか終わりません。

お店の前の張り紙にはホームページアドレスと電話番号が書いてあったので、サイトを覗くと3月には改装工事は終わる?様なことが書いてあったのですが。。。

お国柄を感じますね。早く、コディナ(CODINA)のアロガンオイルをお店で購入したいのですが、そんな日は来るのでしょうか?

この高品質と料金を考えれば、絶対に買わなきゃ損!と思えてきますものね。



コディナ(CODINA)アルガンオイル解決できるお肌のトラブル
乾燥
お肌のごわつき
くすみ・シワ・たるみ
お化粧崩れ
ニキビや吹き出物

コディナ(CODINA)アルガンオイル使用で得られるメリット:
・オリーブオイルの約2〜3倍のビタミンE(トコフェロール)
美肌成分としても知られるビタミンEは「若返りのビタミン」と言われます。

ふっくらしたお肌になれる
アルガンオイルは肌にスーッと浸透して、水分や油分を整える作用を高めふっくらしたお肌にします。オレイン酸やリノール酸が、角質から水分が蒸発するのを防ぎ肌をふっくらやわらげます。

シミ・シワの原因となる紫外線予防する働き
アルガンオイルには人間の皮脂に近いオレイン酸という不飽和脂肪酸が豊富に含まれていて、シミ・シワの原因となる紫外線を予防する働きもあります。


コディナ(CODINA)のアルガンオイルのおススメ・ポイント

・他社の製品と比べると容量に対し価格がかなりリーズナブルなため、コストパフォーマンスはバツグンです。
・コディナのアルガンオイルは独自の伝統的な技術で丁寧に圧縮搾油し、不純物を取り除いて純度を高めた、100%オーガニックの高品質な未精製オイルです。
・世界で20数社しか取得していないとされているフランス有機農業促進団体「ナチュール・エ・プログレ」から発行される認証ラベルを取得し、世界中で高い信頼を得ています。このラベルは原料検査にとどまらず、周囲の環境保護や添加物の禁など、数々の厳しい項目をクリアしなければ取得できない資格なのでハイレベルなナチュラル・ライフを目指す方には安心して使用いただけます。
コディナ(CODINA)のアルガンオイルの詳細はこちらからどうぞ↓


コディナ(CODINA)のアルガンオイルと他社人気製品の比較


メルヴィータ(Melvita)ビオオイルアルガンオイル 50ml 3,780円(税込)
日本でも有名なメルヴィータ(Melvita)ですが、
値段比較:コディナ(CODINA)のアルガンオイル100ml 4,600円(税抜)と比べると容量も価格も割高です。日本の皆さんはまだコディナ(CODINA)のアルガンオイルを知らないのかもしれませんね。

品質比較:コディナ(CODINA)のアルガンオイルは世界で20数社しか取得していないとされているフランス有機農業促進団体「ナチュール・エ・プログレ」から発行される認証ラベルを取得しています。EU圏内では、大変信頼性の高い認証ラベルです。一方、メルヴィータ(Melvita)はオーガニックを推進する有名な団体『ECOCERT』(エコサート)の認定を得た100%オーガニックです。(化学添加物不使用・非焙煎・非脱臭)

ナチュール・エ・プログレ」と「エコサート」の違い

オーガニックを推進する有名な団体『ECOCERT』(エコサート)が管理するコスメティック分野での有機認証『COSMEBIO』(コスメビオ)では、「5%の化学成分を含んでもよい」とされていますが、ナチュール・エ・プログレでは、

@ 原料は100%オーガニック原料を使用すること
A パラベン・保存料・合成料などの合成物質は一切の混入を認めない
B 育成過程、育成土壌は農薬、化学肥料は不使用(過去5年間含む)
 
など、独自の厳しい安全基準を定めています。

送料比較:コディナ(CODINA)のアルガンオイルでは、今なら送料無料になります。一方メルヴィータ(Melvita)のオンラインショッピングでは、5,400円(税込)で送料無料になります。

総合判断:価格、品質等見ても、コディナ(CODINA)のアルガンオイルの方がお得で安全だということがお分かりかと思います。今なら、送料無料なのでぜひ、乾燥の季節の今、おススメします。

↓ほうれい線ケアにコディナ(CODINA)のアルガンオイルをどうぞ!↓




無印良品アルガンオイル 30ml 1,800円(税込)

日本でも有名な無印良品ですが、
値段比較:コディナ(CODINA)のアルガンオイル100ml 4,600円(税抜)と比べると容量も価格も割高です。30ml 1,800×3=90ml 5,400円となり、やはりコディナ(CODINA)のアルガンオイル100ml 4,600円(税抜)には負けます。

品質比較:コディナ(CODINA)のアルガンオイルは世界で20数社しか取得していないとされているフランス有機農業促進団体「ナチュール・エ・プログレ」から発行される認証ラベルを取得しています。EU圏内では、大変信頼性の高い認証ラベルです。一方、無印良品アルガンオイルは認証ラベル等の検査は受けていないみたいです。ただ、無香料・無着色・アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起きないわけではありません)ではあるみたいです。
ナチュール・エ・プログレ」とは:
@ 原料は100%オーガニック原料を使用すること
A パラベン・保存料・合成料などの合成物質は一切の混入を認めない
B 育成過程、育成土壌は農薬、化学肥料は不使用(過去5年間含む)
など、独自の厳しい安全基準を定めています。

送料比較:コディナ(CODINA)のアルガンオイルでは、今なら送料無料になります。一方無印良品アルガンオイルのオンラインショッピングでは、通常756円(税込)が発生し、5,000円(税込)以上の購入で送料は無料になります。

総合判断:価格、品質等見ても、コディナ(CODINA)のアルガンオイルの方がお得で安全だということがお分かりかと思います。今なら、送料無料なのでぜひ、乾燥の季節の今、おススメします。

↓ほうれい線ケアにコディナ(CODINA)のアルガンオイルをどうぞ!↓




ジョンマスターARオイル(アルガン) 59ml 5,141円(税込)

日本でも人気なジョンマスターARオイル(アルガン)ですが、
値段比較:コディナ(CODINA)のアルガンオイル100ml 4,600円(税抜)と比べると容量も価格も割高です。「ジョンマスター」というブランド名にお金を払っているかんじですかね。
品質比較:コディナ(CODINA)のアルガンオイルは世界で20数社しか取得していないとされているフランス有機農業促進団体「ナチュール・エ・プログレ」から発行される認証ラベルを取得しています。EU圏内では、大変信頼性の高い認証ラベルです。一方、ジョンマスターARオイル(アルガン)はアメリカの農務省(USDA:United States Department of Agriculture)傘下の全米オーガニックプログラム(NOP:National Organic Program)という制度により、オーガニック食品の認証が行われており、95%以上オーガニック素材を使用した食品のみ認められる認証ラベルを取得しています。


USDAオーガニック」と「ナチュール・エ・プログレ」の違い

「USDAオーガニック」では、95%以上オーガニック素材を使用した食品のみ認められる認証ラベルですが、「ナチュール・エ・プログレ」では、

@ 原料は100%オーガニック原料を使用すること
A パラベン・保存料・合成料などの合成物質は一切の混入を認めない
B 育成過程、育成土壌は農薬、化学肥料は不使用(過去年間含む)
 
など、独自の厳しい安全基準を定めています。

送料比較:コディナ(CODINA)のアルガンオイルでは、今なら送料無料になります。一方ジョンマスターARオイル(アルガン)のオンラインショッピングでは、5,400円(税込)以上の購入で送料無料になります。

総合判断:価格、品質等見ても、コディナ(CODINA)のアルガンオイルの方がお得で安全だということがお分かりかと思います。今なら、送料無料なのでぜひ、乾燥の季節の今、おススメします。

↓ほうれい線ケアにコディナ(CODINA)のアルガンオイルをどうぞ!↓


コディナ(CODINA)のアルガンオイルの口コミについて

ぞくぞくと嬉しい声が届いています。




ベタつかず使い心地が最高なので、お肌の乾燥を感じたら直ぐお肌に馴染ませています。乾燥が激しいので、ほって置くとお肌のトラブルになります。痒みがでてきたり、皮膚がカサカサに真っ白になったりするので、見た目の為にも毎日使っています。乾燥防止が第一ですが、アロガンオイルの成分がエイジングケアにも良い影響を与えるのでやみつきです。
女性、30歳、普通肌 



小鼻のケバ立ちや角栓が目立つので保湿を念入りにと思い、通常のケアの最後に取り入れました。使用箇所は小鼻とその周りのみ。かなり良いです。臭いは気になりますがすぐ消えるので許容範囲内。
普段のケアにプラスと、化粧前に2、3滴を小鼻とおデコ付近に塗り塗り。
なめらかで柔らかな肌にしてくれるので、ファンデも崩れにくく、毛穴や角栓が目立ちにくくなったのでこの使用方法がお気に入りです。(頬と顎には塗っていません)

こんな少量ずつの使用で十分なので、減りがものすご?く遅いです。
使い始めて2週間ほど経ったのに、ミニボトルがまだ全然減っていない。なんというコストパフォーマンス。
早く100mlの大きいボトルが欲しいと思い、髪にもつけてみました。独特の(私は苦手な)香りはすぐに飛ぶことは顔面で実証済みなので安心して髪にも使用。

なんとなんと!これがドンピシャで!かなりしっとりまとまる髪に(^o^)/オイルなので重くなりすぎないように、ロングヘアに10滴ほどの使用でしたが、それで十分。パーマとカラーで傷んだ髪にも艶が...
オススメな使用のタイミングは、ドライヤーである程度乾いてから毛先に塗布して軽く揉み込む(^o^)/根元からやっちゃうと、頭のてっぺんがぺったんこになるので注意です。



雑誌でモデルさんがおすすめしているのを見て10mlサイズを購入してみました。

匂いは香ばしいというか、ウッディーっぽい香りで最初は気になりましたがすぐに慣れます。テクスチャーはさらっとした感じで肌にもよく馴染みます。お風呂上がりで洗顔したての肌に少し塗る→スキンケアの際、化粧水の後にまた少し塗ってさらに化粧水をつける、という使い方がなかなかあっていたようで、最近はニキビができにくくなり、できたニキビもすぐ治るようになりました。肌も柔らかくなってきて頬に残るニキビ跡も少し薄くなってきたようです。

そんなに口コミ数もないので最初はそれほど期待していなかったのですが、確実に効果が感じられたので今度は100mlサイズのものを購入しようと思います。
女性、23歳、普通肌 



ミニサイズをお試しして気に入ったので100mlを購入しました。香りはクセがありますが、、化粧水前のブースターに使うと浸透力が増します。肌荒れに悩んでいましたが、大分落ち着いてきました。髪の毛や全身にも使える万能オイルなのでおすすめです!ディスペンサーになっているのですが、ワンプッシュしっかり押すと出すぎてしまうのが難点です。失敗するとベタベタになります。
女性、26歳、敏感肌


↓ほうれい線ケアにコディナ(CODINA)のアルガンオイルをどうぞ!↓


ほうれい線(シワ)を作る悪習慣について

ほうれい線が1センチ伸びると、年齢がプラス6歳老けて見えるといわれます。ほうれい線が目立つのは、実は生活習慣が原因だったりします。おそろしいことに、とても身近な悪習慣が顔の老けを招いてしまっているのかもしれません。

ほうれい線の原因と考えられる悪習慣は、

スマホの見過ぎ
急激なダイエット
暴飲暴食
喫煙・飲酒
食生活の乱れ
頬杖をつく習慣
猫背
運動不足


この7つのうち、3つ以上当てはまる人は危険かもしれません。注意しないと、今のホウレイ線が更に深く刻まれるかもしれません。

くっきり深く刻まれる前に、気づいたらすぐに生活習慣を変えましょう。

特にスマホの見過ぎと急激なダイエットはほうれい線を悪化させます。

スマホの見過ぎは、スマホを使用している人を観察すると分かりますが、長い間、パソコンやスマートフォンを使用していると、顔の表情がなくなりずっと無表情になります。

無表情は顔の筋力を衰えさせ、老化を早めます。また猫背の姿勢も老けて見えます。猫背は全身の血の流れを悪くさせ、むくみや老廃物が蓄積しやすくなります。長時間にわたって前のめりの状態でスマホを見ていると、重い頭を支えることにより、首や肩、あごのラインなどに負担がかかります。その結果として、肌のたるみやほうれい線が目立つ原因となってしまうのです。

また急激なダイエットを行うと、当然、筋肉や皮膚の成長が抑制され、皮膚のたるみの原因になります。大きく膨らんだ風船が突然しぼむ時と同じで、いっきにたるみのある状態になります。

ダイエットをするには、ゆったりとしたウォーキングやストレッチなど軽いものを取り入れることが良いでしょう。

↓ほうれい線ケアにコディナ(CODINA)のアルガンオイルをどうぞ!↓

ほうれい線の原因について

ほうれい線は鼻の横から口元へ伸びるハの字の深い溝のことです。肌のハリが不足することや加齢が原因で目立つようになります。ほうれい線は年齢以外にも、ストレス、紫外線、乾燥、過度なダイエット、表情筋の衰え、姿勢の悪さなどが悪化して進行してしまいます。

熱いお湯による洗顔やスマホ依存など、生活習慣を改善することでほうれい線が深くなるのを防ぎましょう。

ほうれい線が悪化するしくみ

ほうれい線は、鼻の両脇から口元へ伸びるハの字の線です。肌のハリが失われると、だんだんほうれい線が目立っていきます。

赤ちゃんの肌にハリがあるのは、真皮層にコラーゲンやヒアルロン酸が多いからです。コラーゲンが減少する大きな原因は加齢です。40代になると、産まれた頃の約半分になってしまうとか。

ところが、年齢以外にもさまざまな原因によって肌のハリは不足します。年齢以上の印象に見えるのを予防するために、ほうれい線が悪化する原因をチェックしてみましょう。

ほうれい線が悪化する理由
コラーゲンの減少によるハリ成分の不足
紫外線
強いストレス
過度なダイエット
皮膚の乾燥
表情筋の衰え
姿勢の悪さ・猫背


1. ほうれい線の原因:紫外線(外的ストレス)

紫外線がほうれい線の原因であることは有名なはなしですが、この他、お肌に及ぼす影響としてばシミ・ソバカスなどがあります。また紫外線はコラーゲン繊維にダメージを与える「光老化」という作用も持っています。

地上に届く紫外線にはA波(UV-A)とB波(UV-B)の2種があります。B波は肌の浅い部分に届き、日焼けやシミの原因になります。

一方A波は紫外線は皮膚の真皮に届き、肌の水分を保つコラーゲンやエラスチンを変性させ「光老化」を起こす原因。外的要因が肌に与えるストレスのひとつです。

光老化によるハリ不足はほうれい線を悪化させます。紫外線A波は雲を通り抜けやすい性質があるので、天気の悪い日にも油断はできません。

2. ほうれい線の原因:ストレス

私達は毎日、疲労、睡眠不足、恋愛トラブルや仕事の精神的プレッシャーなど多くのストレスを抱えて生活しています。

適度なストレスはどうにか乗り越えることができますが、過度なストレスはホルモンバランスや自律神経を乱す原因です。

強いストレスを感じると身体は緊張状態になり、血行が悪化します。そして新陳代謝が低下しコラーゲン生成が滞るため、ほうれい線の改善に必要な肌のハリが失われてしまいます。

ストレスの原因を完全に取り除くのは難しいものですが、できるだけリラックスできる時間を確保し、上手にストレスと付き合う方法を探しましょう。

抗ストレスビタミンCを補給しよう

ビタミンCは抗酸化作用が高く体内の炎症を抑える働きがあるため、抗ストレスビタミンとも呼ばれる栄養素です。

ビタミンCはパプリカ、いちご、グレープフルーツなどに豊富に含まれています。不足分はサプリメントなどで補っても良いでしょう。

3. ほうれい線の原因:過度なダイエット

過度なダイエットで急激にやせると肌の収縮が間に合わず、たるみが目立ちほうれい線が悪化する原因になります。大きく膨らんだ風船が、突然しぼむのと原理は同じです。また、極端な食事制限は肌のハリを保つコラーゲンが十分に生成できず、ハリ不足に陥ります。

さらに、極端な食事制限のストレスはリバウンドにつながりやすく、「やせる・太る」をくり返すと皮膚がどんどん伸びきってしまいます。

ダイエットはバランスの良い食事を取りながら進め、肌のひきしめも意識しながら行うと良いでしょう。

おススメなのは、ウォーキングやストレッチなど軽く始められる運動です。

4. ほうれい線の原因:皮膚の乾燥

皮膚のおもな構成は表面から順番に表皮、真皮、皮下組織です。ほうれい線が気になりはじめる初期段階は、皮膚の浅い部分にしわができやすくなります。

さらに、表皮にある「角質層」は皮膚のいちばん表面で、化粧品のうるおい成分が浸透する部分です。角質層の水分が失われると小じわができ、ほうれい線の初期段階となります。乾燥を感じるようになったらすぐに保湿ケアを始めた方が良さそう。

熱いお湯で洗顔は小じわの原因になりかねませんので、注意しましょう。

肌の乾燥の原因のひとつに洗顔のし過ぎがあります。夜はメイクや1日の皮脂汚れを落とすために洗顔料でしっかりと洗う必要がありますが、朝の洗顔は水やぬるま湯だけでも十分と言われています。

また、熱いお湯もうるおいを洗い流しすぎてしまいます。洗顔に使うぬるま湯は30℃くらいまでが良いです。手で触って「暖かくて気持ち良い」と感じるお湯なら、温度が高過ぎるかも。

5. ほうれい線の原因:表情筋の衰え

顔がたるんでほうれい線が悪化する原因のひとつに、表情筋の衰えがあります。

表情筋が衰えると、その上にある脂肪や皮膚も一緒に垂れ下がってしまうのです。

パソコンやスマホのし過ぎで、無表情にすごすうちに、顔の筋肉をあまり使わないため、表情筋の機能が低下しやすくなります。笑うことはストレス解消と表情筋運動の両方に有効です。

ほうれい線の改善には舌回し体操がおすすめです。

口を閉じたまま、舌を歯と唇の間に入れ、上下の歯ぐきと頬を押しながらぐるりと回します。ほうれい線を口の中から押して、伸ばすような感覚で行いましょう。

まずは10周、逆方向に10周、合計20周を1セット。好きな時間に1日3セットほど行うことで、口の周りを囲む口輪筋(こうりんきん)を鍛えることができます。ほうれい線だけでなく、たるみによる2重あごにも効果大です。

6. ほうれい線の原因:姿勢の悪さ・猫背

姿勢の悪さも、ほうれい線が悪化する原因のひとつです。

背中を丸めてうつむきかげんの姿勢を長時間続けると、首の後から背中にかけての僧帽筋(そうぼうきん)が伸びてしまいます。僧帽筋は顔の筋肉に繋がっているので、引っ張る力が弱くなるとたるんでしまうのです。

長時間のデスクワークをする人は、デスクやパソコンのモニタが低すぎないか、椅子が高すぎないかを見直してみましょう。

スマホ依存症はほうれい線の原因かもしれません。

私達の生活に急速に浸透したもののひとつがスマートフォン。

仕事の連絡に調べ物、SNSで友達の近況をチェックして、時間つぶしにはゲーム。とても便利ですが、気付けば1日何時間もスマホを見ていませんか。

スマホを操作している間は背中が丸まっていることが多いもの。ほうれい線が気になる人はスマホ依存に要注意です。

ほうれい線の原因は年齢だけじゃないんです。

ほうれい線を悪化させるのは年齢だけではなく、ストレス、紫外線、姿勢など、様々な要因がからみ合っています。

生活全体を見直して、日々の習慣を変えてみてはどうでしょうか?

↓ほうれい線ケアにコディナ(CODINA)のアルガンオイルをどうぞ!↓

ほうれい線の予防方法

ほうれい線を予防するには、どういった方法があるのでしょうか。手軽にできる方法をお伝えします。

顔の体操で、ほうれい線を予防する方法

ほうれい線を防ぐには、肌のたるみやむくみの解消が大切です。

普段使わない口のまわりの筋肉を、舌を使って内側から刺激し、ほぐしながら鍛えることで血行が良くなり顔のむくみが解消される舌回し運動や、顔の筋力を鍛え、さらに小顔効果も期待できる、発声運動による顔の体操も効果的です。

肌のハリを戻すスキンケア

スキンケアでほうれい線を防ぐ方法として、まずは、紫外線対策、乾燥対策をしっかりしておきましょう。

特に、紫外線は肌の老化の80パーセントが紫外線だといわれています。

紫外線対策では、外出の際は、毎日日焼け止めクリームや化粧下地に紫外線カットができるものを選びましょう。

そして、化粧直しもコマめに行うようにします。紫外線カットの効果のあるパウダータイプファンデーションや、フェイスパウダーを持っていると便利です。

乾燥対策には、まずは、保湿です。特に、保湿をサポートしてくれるコラーゲンやセラミドをを取り入れた化粧水や美容クリームなどを選びましょう。

美白ケアでは、レチノールやビタミン誘導体、ナイアシンが配合された化粧水が効果的だといわれています。特に、レチノールはコラーゲンを多く増やしてくれる成分です。

ただし、レチノールは*肌への刺激も強い成分なので、パッチテストなどで試してみたり、濃度が低いものを選んだりなどして使うようにしましょう。

食事でほうれい線を予防

ほうれい線対策は、食事の仕方と食事内容を気をつけることが大切です。特に心がけたいのは、よく噛んで食べることです。食事をよく噛んで食べると、表情筋を鍛えることができほうれい線を予防することができるといわれます。

また、片方の歯だけで食べる癖があると、使っていない方の頬がたるんでしまうので、両方の歯で噛むように心がけましょう。

定期的にガムを噛む習慣をつけると顔の筋肉を鍛えやすくなるため、気になる人は、ガム習慣を取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

食事は、ハリアップとシミケアに効くコラーゲンとビタミンCを取り入れ、アンチエイジング効果のある緑黄色野菜を取り入れるようにしましょう。

さらに、気をつけたいこととして挙げられるのは、甘いものの摂りすぎです。過剰な糖分摂取は、コラーゲンの硬化やくすみを起こし、肌の老化を促進させてしまいます。適度に摂るように心がけましょう。

↓ほうれい線ケアにコディナ(CODINA)のアルガンオイルをどうぞ!↓

ほうれい線の予防対策について

まだまだ老ける歳でもないのに、鼻の横から口にかけて刻まれたほうれい線を発見することがあります。ほうれい線があると−5歳老けた顔に見られます。

加齢に伴う、コラーゲン不足によって起こるといわれているほうれい線ですが、実は、いろいろな生活習慣によってできやすくなってしまうことがあるのです。

ほうれい線の原因〜肌質〜

老け顔に見せてしまうほうれい線。ほうれい線は、いったいどのようなことが要因となるでしょう?

1.乾燥肌

肌が乾燥しやすい体質の人は、特にほうれい線ができやすいといわれます。特に、紫外線による肌の乾燥は、肌表面の水分を蒸発させてしまうだけでなく、肌内部のコラーゲン不足を促進します。

コラーゲン不足の現象として、肌は弾力を失い重力に負けやすくなりその結果、ほうれい線ができやすくなってしまうといわれています。

2.喫煙を吸う肌

タバコに含まれるニコチンや化学物質が、肌によくないことは有名な話です。特に、「スモーカーライン」と呼ばれるシワは見た目年齢を上げ、老け顔に見せてしまいます。

さらに、ニコチンにより血行が悪くなり、酸素や栄養分が身体全体にいきわたりにくくなり新陳代謝も低下し、女性ホルモンの減少、シワやたるみ、乾燥といったほうれい線のできやすい環境を整えてしまいます。

3.目の下の▽ゾーンの毛穴が目立つ

毛穴がもっともできやすい場所といわれる▽ゾーン。ある時期を堺にこの部分の毛穴が開いてる時間が増えてきたという方も多いかもしれません。

実はこの部分の毛穴が目立ちやすくなったということは、頬の筋肉のたるみのサインなのです。その結果毛穴が広がってしまい、▽ゾーンの毛穴が目だって見えてしまっているのです。

ほうれい線ができる理由とは?

1.加齢

ほうれい線のひとつの原因として、加齢があげられます。

年齢を重ねると、肌の水分量が減少していき、頬の脂肪を支える皮膚組織がたるんできて、頬の位置が下がってしまいます。 頬の位置が下がると、頬が垂れたようにみえるのでほうれい線もできやすくなります。

2.肩のこりや目の疲れ

デスクワークやパソコン、スマホなどによって起こる目の疲れや肩こりもほうれい線の一因となります。目の疲れは、目の筋肉、口の筋肉をつないでいる上唇拳筋とよばれる筋肉のこりを起こしてしまいます。

さらに、前かがみの姿勢や常に下を向いた状態の体勢は肩こりが起こり、頬がたるみやすくなってしまいます。

3.運動不足

運動不足により筋力が低下すると、血行不良や、新陳代謝の低下によって冷えを起こすので身体が常に冷えた状態になります。結果、身体に老廃物が溜まりやすくなってしまい、ほうれい線の原因であるむくみが起こりやすくなります。

↓ほうれい線ケアにコディナ(CODINA)のアルガンオイルをどうぞ!↓

ほうれい線予防に効果のある食べ物

ほうれい線予防のできる食べ物として、コラーゲン、たんぱく質、ビタミンCがあげられます。

鶏皮

体内のコラーゲンは、毎日摂り続けることによって保たれます。とくに加齢とともに減少しやすいので、毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

特に、鶏皮は安価で手に入れることができるお手軽な食材です。煮凝りを作りおきしておけば、野菜炒めの味付けや煮物のアクセントとしても使えますよ。コラーゲンが豊富な食材は、ほかにも牛筋・豚足・うなぎなどが挙げられます。

カツオ

たんぱく質が豊富に含まれる食材は、肌の形成や新陳代謝の促進などほうれい線を予防してくれる食材として欠かせません。

たんぱく質は、肌のみならず骨や筋肉の形成にも非常に重要な栄養素です。また、魚類には不飽和脂肪酸という中性脂肪を減らす成分も含まれるため、積極的に摂りたいところ。

良質なタンパク源としては、ほかにはマグロや卵、豆類などがあります。

ほうれん草

ビタミンCが豊富な食材は、コラーゲンの生成にとても重要な役割を担っています。コラーゲンそのものを食べただけでは、美肌効果は得られません。コラーゲンはビタミンCと一緒に摂ることで、初めて身体の中で生成することができるのです。

なので、鶏のムニエルにほうれん草のソテーを添えたり、煮物に入れたりなどしてもいいですね。

ビタミンCが多く含まれている食材として、いちご、ブロッコリー、赤ピーマン、サツマイモなども挙げられます。

玄米・十六穀米

緑黄色野菜は、抗酸化力のあるβ-カロテン(ビタミンA)やビタミンCを多く含み、アンチエイジングやほうれい線予防に効果があってと、積極的に摂りたい食材です。しかし、忙しいと手間をかけた料理をつくるのはなかなか難しいですよね。

そんな人におすすめしたいのが、手軽にご飯と一緒に炊くことができる十六穀米やアマランサス、玄米です。

穀物はビタミンや食物繊維の不足を補うことできて、ほうれい線予防に効果のある「よく噛んで食べる」習慣も身につき、さらにダイエット効果にも期待できます。

↓ほうれい線ケアにコディナ(CODINA)のアルガンオイルをどうぞ!↓

マスクでほうれい線予防!

女性にとってほうれい線は−5歳老けて見えるようになるので大敵です。レーザーやヒアルロン酸注射など、予防法はさまざまですが、日々の日常生活から手軽に継続できるケアがマスクをつけることなんです。マスクをつけることで得られる美容効果があるなんて知らなかった方も多いかもしれません。

なかなか取れないほうれい線は厄介です。メイクのノリも悪い感じがするし、特に老けた印象に見えるのはいやですね。かといって、プチ整形をする時間も金銭的余裕もないとなると、日々のほうれい線防止のための美容習慣をつけることです。それが、マスクをつけてほうれい線を防止することです。

ほうれい線は、おもに顔の脂肪を支える筋力の衰え(たるみ)と乾燥によって起こるといわれています。ほかにも、何気なくやっている生活習慣によるものもあります。

ほうれい線をマスクの保湿効果で解消しよう!

ほうれい線予防には、マスクが効果的といわれています。特に、外出時と就寝時につけるのが有効なのだとか。

外出時

外出時にマスクをすることで、肌の水分が蒸発を防止してくれたり、乾燥の原因となる紫外線をカットしたりできます。

適度な湿度が保てるためにお肌が潤っている状態をキープすることができ、頬の乾燥が防げるのでほうれい線の予防につながります。さらに、リップクリームを塗ることで唇のプルプル効果もあり、まさに一石二鳥です。

特に、紫外線の強い5月から夏の外出時はマスクをつけておくと良さそうです。

就寝時

外出時、マスクをするのに拒否感がある人は、就寝時のみでもマスクを着用することをおススメします。 就寝時にマスクをすることで、美肌効果とのどの保湿効果が期待できます。

鼻や口から直接、冷えた空気や乾燥した外気を吸い込むと、のどの炎症や身体の冷えに悪影響を及ぼします。

マスクによる保温効果によって、風邪予防とむくみの解消、さらに化粧水やクリームによるケアも効果的にカバーしてくれるので、翌朝の保湿効果も期待できます。

敏感肌さんにもおすすめ!〜ガーゼタイプのマスクでさらに保湿効果アップ!!〜

しかし、ほうれい線予防にマスクとはいっても、就寝時につけたら顔に跡が残ってしまったという人や、肌荒れやニキビが出てしまったという人も……。そんな人におすすめしたいのがガーゼマスクです。

ガーゼマスクは乾燥肌や敏感肌の人におすすめ

化学繊維や、不織布などの使い捨てマスクは保湿効果や花粉防止効果があるものの、敏感肌や乾燥肌の人にとってはかゆみやかぶれの原因になることがあります。

一方、ガーゼマスクは綿やシルクなどの柔らかい素材を使っているので、肌になじみやすく、適度な加湿で蒸れるにくいので肌にも優しいのだとか。

吸湿性がある

口呼吸をしてしまうような鼻かぜを引いたときに、おすすめしたいのがガーゼマスクです。

不織布マスクだと、口呼吸の水蒸気がこもってしまいべとべとして気持ち悪い思いをすることがありますが、ガーゼマスクなら、程よく水蒸気を逃してくれるので苦しくなったり気持ち悪い思いをすることが少ないといいます。

保温性がある

ガーゼマスクは、不織布と比べて保温性が高いという特徴があります。特に、冬場の冷たい空気を温めてくれる防寒効果があり、のどの痛みや風邪予防に最適です。無意識に呼吸をする就寝時につけることで、鼻やのどの乾燥や冷えを防ぐことができます。



・ほうれい線の原因
長時間のデスクワークによる運動不足や猫背

日常的な運動が少なくなりがちな現代。デスクワークの多い日常生活はほうれい線ができやすい原因がたくさん潜んでいます。

長時間、デスクワークや同じ姿勢ばかりの仕事をしていると、老廃物がたまり、血行不良が起こりやすくなり、むくみの原因になります。

また、スマートフォンやパソコンを長時間使う機会が多いと、自然と前かがみになる姿勢が多くなるので猫背になりやすくなってしまうことも。

悪い姿勢が習慣化してしまうと、顔の皮膚と筋肉を引き上げてくれる僧帽筋が硬くなってしまい、顔の筋肉を引き上げることができなくなってしまい、ほうれい線の原因になってしまうといわれています。「最近、肩こりが取れないなぁ」と思っている人は要注意です。

紫外線による乾燥

乾燥肌の人は、比較的ほうれい線ができやすいといわれていますが、乾燥のもっとも大きな原因として紫外線があげられます。 外出前の保湿や日焼け止めクリームなどのケアをしないでいると、肌表表面の水分が蒸発してしまい、肌の乾燥が促進され、肌の老化につながってしまいます。

食生活の偏り

最近、若い人の間でも問題となっている「新型栄養失調」。十分なカロリーを摂っているはずなのに、偏った食生活のため、ビタミンやミネラル不足、たんぱく質が不足することによって起こる栄養失調だといわれています。

気軽に食べやすくて口当たりのいいものばかりの食事が中心になっていることで、肌荒れや、アレルギーを起こしやすくしているのです。

そのほかにも良質のたんぱく質がとれないとコラーゲンが不足するので、当然、ほうれい線もできやすい肌になります。さらに、硬いものを食べる習慣がなくなったことで、頬の筋力不足になっているともいわれます。

口呼吸

無意識のうちに、口が半開きになっていたり、朝起きたら喉が痛いことが多いということがありませんか?それは、もしかしたら知らず知らずのうちに、口呼吸をしている可能性があります。

口呼吸が習慣になっている人は、頬の筋肉がたるみやすくなり、自然とほうれい線ができやすい肌質になってしまうのだとか。また、口呼吸が習慣化してしまうと、片方だけの歯で噛む癖もついてしまうので、偏ったフェイスラインになり、ほうれい線だけでなく顔の形まで崩れてしまうといわれています。

↓ほうれい線ケアにコディナ(CODINA)のアルガンオイルをどうぞ!↓

筋肉の衰えを防ぐための効果的な顔の運動

ほうれい線を予防できるかんたんで、効果的な顔の運動について紹介します。

1.舌回しエクササイズ

ほうれい線の予防に、最もかんたんで有名な舌回しエクササイズ。いつでもどこでもできるのでぜひ日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

1口を閉じた状態で、舌を左回りに歯に沿うようにゆっくり20回まわす。
2同様に、舌を右回りに歯に沿うようにゆっくり20回まわす。

上記を1セットで、一日3セット行うようにします。ポイントは、歯に負担がかからないように優しく丁寧に行うことです。

2.ほうれい線を消すマッサージ!エクササイズ!たった1分でパッとケアする方法

マッサージとエクササイズを組み合わせたほうれい線を薄くするマッサージです。お風呂上りに保湿と一緒に取り入れてみるとよさそうです。

1口の中に指を入れて、下から上へマッサージ。口の中の筋肉をほぐして柔らかくすることで、 ほうれい線を薄くする。
2口の中を膨らませたり、へこませたりを繰り返し、内側からシワを伸ばす。
3ゆっくりと、外から頬をつまんで下から上からスライドさせ頬を引き締める。
4エクササイズ&マッサージの後は、保湿を忘れないように。

毎日3セット行います。ほうれい線が薄くなるように意識することが大切です。

3.20秒でほうれい線がなくなる!おうちでかんたんなフェイシャルエステ

仕事の休憩時間、お風呂のあとに、どこでもできるとてもかんたんなフェイシャルエステです。毎日のちょっとした空き時間に意識してやってみましょう。

1中指と薬指を右のほうれい線に乗せる。左手で中指と薬指を下から支える。
2ゆっくり真上に引き上げ、軽く下を向き、ゆっくり両手を離す。
3左側も同じように行う。

シワを上にあげ、ほうれい線を消すように意識して、ゆっくり行うのがポイントです。

↓ほうれい線ケアにコディナ(CODINA)のアルガンオイルをどうぞ!↓

 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを